コラム

労務問題

前職場の退職理由の確認

弁護士 長島功

 スタッフの採用時において、採用する動物病院側として気になることの1つに、前の職場での退職理由があるかと思います。
 面接で、そのあたりを本人に確認することは勿論できるのですが、あくまで自己申告となってしまうことから、採用という重要な場面では、もう少し信頼度の高い情報を収集したいところです。
 そこで考えられる方法としては、履歴書に加えて、前の職場の退職証明書を提出してもらう方法があります。

 退職証明書は、退職者が請求をすれば、その求めに応じ遅滞なく本人に交付しなければならないとされていて、違反すれば30万円以下の罰金とされています(労働基準法22条第1項、同法120条第1項)。記載内容には、使用期間、賃金などとともに、退職の理由(解雇の場合は解雇の理由を含む)が挙げられていることから、労基法22条1項に列挙されている全ての事項が書かれた退職証明書の提出を求めることで、前の職場の退職理由を確認することはできるかと思います。
 もちろん、記載される退職理由は抽象的な内容にとどまっている可能性はありますが、本人の申告と矛盾をしていないかをチェックはできますし、万一懲戒事由などがあれば、それを確認することもできます。
 なお、前の職場に直接問い合わせをして、退職理由を確認するのが端的ではありますが、本人の同意なしに行うことは個人情報保護法に照らして問題ですし、そもそも前の職場もそのような問合せに対して退職者の了承なしに情報開示をすることはしないと思われますので、この方法によることは現実的ではないと考えます。