このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
受付時間:平日10:00~19:00
電話番号

浜松町アウルス法律事務所、獣医師の悩みを弁護士が解決

獣医師のための法律相談 獣医師、獣医療の法務に強い弁護士
獣医師のお悩みを解決する法律相談サイト
動物病院、獣医師は、いつでも相談無料
受付時間:平日10:00~19:00
お電話でも受け付けています

動物病院でのトラブル類型、獣医師の個人的な悩みなど

動物病院、獣医師、獣医療で想定される問題と対策  項目をクリックして弁護士の詳しい解説をご覧ください
ペットオーナーとのトラブル クレーム対応、クレーマー対策
未払い診療費の回収
スタッフの労務問題
手術の承諾書等、各種書類の作成 とリーガルチェック
トラブル対策等、動物病院の運営 に役立つセミナー開催
トリミング・ペットホテル経営
顧問契約(顧問サービス)
獣医師の個人的なお悩み 相続、離婚等
未払い診療費の回収
動物病院・獣医師の案件に関わった経験と実績多数
過去に取り扱った案件・事件数 100件以上、顧問としてお仕えしてきたお客様 30件以上

獣医師、獣医療の法務の現状と私たちアウルスからのご挨拶
法律の力で獣医療の発展に寄与、 それが私たちの仕事です。
動物病院では近年、獣医療賠償、飼い主様とのトラブル、未収金問題、スタッフの労務問題などトラブルの内容が多様化しています。

他方、獣医療に関する紛争を取り扱っている弁護士は、まだ少ないのが現状です。


私たち"浜松町アウルス法律事務所"は、獣医療の法務に豊富な経験をもつ弁護士3人が独立・集結して立ち上げた事務所です。

これまで獣医師、獣医療に関するトラブル対応はもちろん、顧問先が抱える経営や個人的な相談に至るまで、様々な問題を一緒に解決しながら多くのことを学ばせていただきました。

その経験を活かし、これからも動物病院を始めとする獣医療、ペットホテル、トリミングなどのよきリーガルサービス・パートナーとして、微力ながらも獣医療業界の発展に寄与してまいります。

浜松町アウルス法律事務所を、どうぞよろしくお願いいたします。
弁護士 幡野真弥
弁護士 小島 梓
弁護士 長島 功
弁護士 長島 功

獣医療に関する豊富な経験、そして獣医師からの法律相談はいつでも無料

アウルスが選ばれる理由
弁護士は獣医療に関する経験が豊富

在籍する弁護士は全員が長年、獣医療の法務に携わってきました。

獣医療やペット関連サービスにかかわるトラブルは、近年とても多様化しています。業界に精通した経験のある弁護士が対応することがとても重要になります。

経営やサービスにトラブルはつきもの。何か問題が発生してしまったら、ご自身で抱えていないで、まずは早めのご相談で早期解決を目指しましょう。
獣医師からの相談無料、いつでも無料

法律相談については通常30分5000円頂いておりますが、動物病院、獣医師からのご相談はいつでも無料とさせていただきます。

飼い主様とのトラブル、動物病院の運営に関するお悩み、獣医師のお客様個人のお悩みなどがあれば、まずはお気軽にご相談ください。
来所不要!! リモート相談可能

相談は電話,Zoom等のリモートツールを利用して行うことができます。

この時期、外出を控えたい方。遠方にお住まいの方、全国どこからでも相談が可能です。

もちろんご来所いただくことも可能。
お客さまの安心、安全のため、弁護士は相談時にはマスクを着用させていただきます。
受付時間:平日10:00~19:00
お電話でも受け付けています

解決事例 当事務所の解決事例をご紹介します。

【ご相談の概要】
皮膚病を発症した犬が通院を続けていましたが、なかなか症状が改善せず、飼い主は、別の病院を受診。そこで違う病名診断を受けました。
その後飼い主は、診察に見落としがあった、これまでの治療費を返還してほしいとクレームしてきました。

【結論】
獣医師が行った治療の内容や、検査結果、鑑別の理由等について説明し、医療ミスはないことを伝え、治療費の返還には応じられないとしっかり主張しました。
飼い主側は、納得はしなかったものの、こちらの返金拒否の姿勢が明確だったこが奏功し、請求を諦めました。
治療に効果が出ない場合、飼い主は不満を溜めがちですが、こちらに責がない場合は毅然とした態度を示すことも大切です。

【ご相談の概要】
飼い主はウサギの体調が良くないと来院し、診察後、一旦家に帰りました。しかしその後、やはりウサギの様子がおかしいということで他院(後医)を受診。そこで腸閉塞と診断され、閉塞解除の手術を受けましたが、結果、数日後に死亡しました。
飼い主は当院において必要な検査や治療を行わなかったことが過失であり、それが原因でウサギが死亡したと主張、後医における治療費や慰謝料請求等合計30万円程度の請求がなされました。

【結論】
飼い主が訴えを取り下げ、獣医師が金銭を支払うことなく終了しました。

訴訟においては、獣医師はウサギを診察した当時、できる限りの措置をとっていたこと、そもそも飼い主側で過失の具体的内容、死亡との因果関係が立証されていない等の主張を行いました。裁判所も、当方からの指摘を受け、飼い主の主張立証が不足している旨の心証を得て、飼い主側に、必要な主張立証を行うように指示を出したところ、飼い主側が諦めて、訴えを取り下げました。
現状、多くの裁判官は獣医療にかかわる訴訟の経験に乏しい状況であるため、弁護士の訴訟活動が結果に大きく影響しうる状況です。
そのため、訴訟では開始当初より、裁判官の心証を意識した活動を行うことが重要です。経験豊富な弁護士にご相談ください。

【ご相談の概要】
患畜の食欲不振で来院されました。
食欲不振の原因を特定し、処置を行いましたが、回復がみられなかったことから、飼い主より、獣医師の処置が原因ではないかと主張され、さらには、勝手に処置をされたとまで主張されました。その過程で、飼い主は何度も病院に来ては、獣医師を大声で罵倒し、院内に居座わり、退去しないという行動までみられたことから、対応に困りご相談にいらっしゃいました。

【結論】
緊急性のある事例であったことから、取り急ぎメールにて、連絡窓口を弁護士とする旨の通知を送りました。 また、弁護士より改めて処置に問題はなく、それが食欲減退の原因ではないことを説明するとともに、業務妨害は犯罪行為であることも指摘する通知を送りました。
飼い主からは弁護士に連絡があり、ご自身の不安な思いから、行き過ぎた行動をとってしまったとのお話しがありました。弁護士からは、その気持ちに理解を示しつつも、業務妨害の程度が著しく、信頼関係もなくなってしまっていることから、双方のためにも、今後は他院にて診療を受けた方が良いと思うことをご提案しました。最終的には、飼い主から謝罪の言葉もあり、理解を得ることができ、無事解決に至りました。
本件のように、治療の結果が出ないときに、精神的に不安定になってしまう飼い主もいます。ただ、そのような方への対応は、仮に処置に過失がなくても、相当の時間と労力を要し、日々の診療業務に影響が出かねません。そういった事態を避けるためにも、こういったトラブルに際しては、早期に連絡窓口を弁護士とすることをお勧めします。


アウルス公式ホームページでは弁護士が執筆する、獣医療に関連したお役立ちコラムと獣医療法務に関連した豊富な解決事例をご紹介中です

ご相談までの流れ

※お名前、連絡先、ご相談内容、ご希望日が決まっていれる場合はその内容をご記入ください。

※弁護士には守秘義務があります。お客様の情報を外部に漏らすことは決してありませんので安心してご記入ください。

※遅くとも2営業日以内にご希望の連絡方法にて連絡いたします。

※日時と相談方法を取り決めます。

※ご来所、電話、リモートいずれかご希望の方法で実施します。

※相談後、ご希望の場合は方針と費用をご提示いたします。依頼されるかどうかは、お客様の意思で自由にお決めいただけます。


FAQ よくある質問

メールのみでご相談をお受けし、回答するということは、性質上行っておりません。一度はご面談、または電話やZOOMなどでお受けさせていただきます。

原則は平日の10時~19時となっていますが、ご事情に応じて出来る限り対応いたします。弁護士のスケジュールを調整しますので、日程はご相談させてください。もちろん割増料金などは発生しません。

はい、電話やZOOMによる相談をお受けしております。ZOOM以外のツールをご希望の場合にはご相談ください。

弁護士のスケジュール次第となります。スケジュールが空いていればお受けできるケースもありますので、まずは一度お電話ください。確実な相談実施をご希望であれば、事前のご予約をお勧めします。

ご希望の方に、解決に向けた方針と弁護士費用のお見積りをご提示いたします。方針と費用にご納得いただきましたら、受任契約の締結をさせていただきます。もちろん無理にお勧めすることはありません。ご自身の意思でご自由にお決めください。

顧問契約は月額2万円からご用意しています。
料金によってサービス内容が変わりますので、詳しくは面談にてご説明させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。


獣医師、動物病院の顧問契約 更なる安心のために、月額2万円からの 顧問契約をご用意しております。
  • 手術の際の承諾書、同意書などの作成、各種書面を日頃からチェック
  • 獣医師法など、各種法律に違反していないかの確認
  • 労基署などからの指導、監査に対応
  • トラブルが起きた場合は、即座に相談、対応
  • 個別事件の着手金、成功報酬は顧問先割引を適用
  • 経営者の個人的なホームロイヤーとしてのご活用
  • 経営者の個人的なホームロイヤーとしてのご活用

顧問契約の料金表ダウンロード
PDFファイル

獣医師はいつでも相談無料!!
受付時間:平日10:00~19:00
お電話でも受け付けています
浜松町アウルス法律事務所の事務所
浜松町アウルス法律事務所の所在地ビル
浜松町アウルス法律事務所の会議室
浜松町アウルス法律事務所の会議室
動物病院、獣医師の法務に断然強い弁護士のご紹介
弁護士 幡野真弥
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 代表
第一東京弁護士会所属

■出身
東京都八王子市

■略歴
2008年3月 一橋大学法学部卒業
2011年3月 中央大学法科大学院修了
2011年9月 司法試験合格
2012年1月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務
2020年6月 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所開業

■趣味
読書、ロードバイク

■メディア出演
「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ)
「情報プレゼンターとくダネ!」(フジテレビ)
「めざましテレビ」(フジテレビ)
「めざましどようび」(フジテレビ)


■講演
・2019年03月 Fractal Pal Seminer「著作権を知る」

■執筆
・NJK2020年4月号vol.224『獣医師のための法律相談 第1回「治療費を払ってくれない飼い主」』(ホーピスト株式会社出版)


弁護士 小島 梓
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 パートナー
第一東京弁護士会所属

■出身
愛知県一宮市

■略歴
2005年3月 立教大学法学部卒業
2008年3月 法政大学法科大学院卒業
2010年9月 司法試験合格
2012年1月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務
2020年6月 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所開業

■趣味
料理、読書

■メディア出演
「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ)
「めざましテレビ」(フジテレビ)
「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ)
「フライデー」(講談社、コメント記事)

■講演
・2018年02月 麻布大学付属動物病院講演会「獣医療事故防止セミナー」
・2018年12月 Fractal Pal Seminer「トラブル未然に防ぐ契約書の役割とは?」
・2019年11月 一般社団法人東京城南地域獣医療推進協会(TRVA)主催セミナー「獣医療トラブル 100件の分析と対策」
・2020年01月 札幌市小動物獣医師会新年交礼会講演「獣医療トラブル 100件の分析と対策」
・2020年01月 ハラスメント研修「ハラスメント防止のための心がけ~ハラスメントの加害者にも被害者にもならないために~」

弁護士 長島 功
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 パートナー
第一東京弁護士会所属

■出身
富山県魚津市

■略歴
2002年4月 立命館大学法学部卒業
2008年3月 中央大学法科大学院卒業
2008年9月 司法試験合格
2012年1月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務
2020年6月 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所開業

■趣味
ゴルフ、日本酒

■メディア出演
「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ)
「めざましテレビ」(フジテレビ)
「あさチャン!」(TBS)
「めざましどようび」(フジテレビ)

■講演
・2017年11月 Fractal Pal Seminer「債権回収~少額未回収金を中心とした回収の仕方~」
・2018年01月 東京都獣医師会講演会「東獣17イヤーズカンファレンス『実例から学ぶ獣医療トラブル対策法』」
・2019年11月 一般社団法人東京城南地域獣医療推進協会(TRVA)主催セミナー「獣医療トラブル 100件の分析と対策」
2019年12月 東京獣医師会講演会「東獣19イヤーズカンファレンスSNSトラブルの実例と対策」
アウルス公式ホームページでは弁護士が執筆するお役立ちコラムを更新中です。

事務所のご案内
事務所名 弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所

所属弁護士会

第一東京弁護士会

住   所

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階

交   通

JR山手線・JR京浜東北線 浜松町駅北口 徒歩3分
都営地下鉄浅草線・都営地下鉄大江戸線 大門駅B1出口 徒歩3分

【お車の方】
汐留ビルディングの地下有料駐車場、または近隣コインパーキングをご利用ください
※駐車料金はご負担ください

電話・FAX

Tel:03-6721-8888
Fax:03-6736-0398

住   所

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階

お問い合わせフォーム
※こんなこと聞いていいの?と思わずに、まずは問い合わせだけでもしてみてください。


※動物病院、獣医師からの相談はいつでも無料です!!


※ペットオーナーからの相談はお受けできません。

※弁護士には守秘義務があり、ご記入いただいた情報が外部に漏洩することは決してありません。安心してお問い合わせください。

※送信前にプライバシーポリシーをご確認ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送 信